総量規制 例外

総量規制の例外について教えてください

ビックリマークと女性

2010年に改正された貸金業法のひとつに「総量規制」があります。

これによって「借入総額は年収の3分の1まで」に制限されました。

 

年収の3分の1を超えるまとまったお金が必要なときや、収入がない専業主婦などは、どうしたらいいのでしょうか?

 

総量規制の対象は貸金業者

 

借り入れ総額の上限を定めた「総量規制」が適用されるのは、貸金業者から個人が借り入れを行う場合です。
貸金業者というのは消費者金融やクレジットカード会社などで、銀行や信用金庫などは含まれません。
つまり、銀行からの借り入れは対象外となります。
専業主婦でも申し込みできる銀行のカードローンがあるのはこのためですね。

 

総量規制には例外・除外があります

 

貸金業法では総量規制が適用されない貸し付けが定められており、借入額が年収の3分の1を超えても借り入れできるものを「例外」、総量規制の対象から除くものを「除外」と呼んでいます。

 

例外貸し付けには次のようなものがあります。

 

・顧客に一方的有利となる借り換え
・緊急の医療費の貸し付け
・個人事業者に対する貸し付け
・配偶者と併せた年収の3分の1を超えない貸し付け
など

 

以下のようなものが除外貸し付けです。

 

・住宅ローン
・自動車ローン
・高額医療費の貸し付け
・有価証券担保貸し付け
・不動産担保貸し付け
など