専業主婦OKのカードローン*夫に内緒で借りる方法教えます

専業主婦とカードローンの限度額

 

メガネの女

カードローンは女性にも人気の金融商品です。消費者金融のカードローンのコマーシャルでも女優さんが起用されることが多く、女性も気軽に借りられる雰囲気がありますね。また、女性専用ダイヤルを設置している消費者金融もあり、女性オペレーターが対応してくれるので、初めてカードローンの申込みをするのでちょっと不安という女性も安心して相談できるようになっています。

 

カードローンの中には専業主婦も申し込めるものがあります。銀行カードローンならイオン銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、セブン銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など、専業主婦も申し込めるカードローンは結構あります。カードローンの場合は限度額を希望できますが、専業主婦に適用される限度額は低めに設定されています。カードローンの限度額は最高500万円までとか800万円までとなっていますが、専業主婦の場合は、30万円以下とか50万円以下というところが多いようです。

 

専業主婦の場合、配偶者に収入があるとはいえ、自分に収入がないので限度額はどうしても低く設定されます。審査の際に配偶者の属性を審査するわけではないので、貸す方もやはり慎重になりますよね。その分金利も高くなり銀行カードローンなら14.5%程度が、消費者金融のカードローンなら18.0%程度の金利が適用されます。中には20%という消費者金融のカードローンもあります。ですから、専業主婦の方がカードローンを利用する場合は、十分返済シミュレーションをして計画的に借りてください。

 

闇金のカードローンを利用するリスク

わるいやつら

総量規制が施行されるようになってから多重債務者の数は減ったといわれていますが、借入先に困った人達が闇金を利用するということも後を絶たないようです。専業主婦などで闇金のカードローンを利用する人の中には、闇金と知らずに騙されて契約してしまう人と、闇金と知りつつわらをもつかむ思いで利用する人もいます。

 

闇金のカードローンを利用するリスクは非常に大きく、厳しい取り立てに合って自殺に追い込まれる人もいます。今では、取り立ての方法が厳しく制限されているので、かつてほどの悪質なものは減っているとはいえ、0ではありません。ですから、闇金とかかわることは非常に危険です。

 

闇金が要求する利息は法律で制限されている利率をはるかに上回るもので、トサンとかトゴなどといわれ、10日に3割、または10日に5割などの利息を要求してきます。配偶者や家族に内緒でカードローンを利用しようとする主婦や専業主婦を狙う闇金もあり、もし、返せないなら風俗で働くようにと圧力をかけてくる場合もあります。また、わずかな金額のお金を借りたとしても、利息がたかいので、元金はなかなか返せません。元金を返そうとすると拒否される場合もあるようです。こうして、延々と高い利息を払い続けるとことになります。

 

金融機関のカードローンの広告には固定電話あるいはフリーダイヤルの番号を記載しなければならないことになっていますが、携帯電話番号の記載しかないものがあります。これは、闇金ですから絶対に連絡しないでください。専業主婦でどこからも借りれない人が、電話を掛けてカードローンの話を聞くだけと思いそのようなところの電話を掛けると個人情報を巧みに聞き出されて、結局は闇金に狙われることになります。ですから、闇金には一切の連絡をしないようにしてください。

 

闇金は専業主婦だけでなく、学生や年金受給をしている高齢者を狙うこともあります。こうした人たちは数万円の少額のお金を必要としている場合が多いので、闇金としてもターゲットにしやすくなっています。現在、すでに闇金にかかわってしまった専業主婦や学生、高齢者の方がいるならすぐに家族や警察、消費生活センター、弁護士などに相談してください。不法な利息は払う義務はないので返済し続ける必要はありません。

 

お金に困ってカードローンお利用しようと思っているなら決して闇金ではなく、信頼できる登録業者を選びましょう。闇金のカードローンを利用して被る害は甚大です。自分だけでなく家族にも多大な精神的苦痛と金銭的な損害を与えることになりかねません。絶対に闇金からお金を借りないようにしましょう。

 

なぜカードローンの審査に落ちるのか

ショック

カードローンは、ネットで申し込みをするとすぐに電話やメールで仮審査の結果がわかり、借り入れが早くできて重宝しますね。自営業の人や専業主婦も申し込めるカ−ドローンもあります。ただ、仮審査に通ったのに本審査には落ちてしまうということもありますね。なぜでしょうか?

 

仮審査は、申し込みフォームに入力された情報をコンピュータが自動的にポイント化することで行われています。ですから、一定のポイントを満たせば仮審査に通ることになります。この後、金融機関は信用情報機関に申し込み者の信用情報を照会し、他社借り入れ件数、借入残高の総額などを含め、申し込み書に記載した内容と違いがないか、また金融事故は登録されていないか、などの点をチェックします。この時点で甚だしい延滞の記録や債務整理の記録が残っていると審査に落ちる可能性が高くなります。銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンなら審査にはほぼ通りません。専業主婦なども借りられる中小の消費者金融なら債務整理の記録が残っていても借りられる場合があります。

 

また、カードローンの仮審査に通ると本人確認書類や、限度額によっては収入証明書を提出する必要もあります。提出書類が不足していると審査が進みません。また、提出した書類に書かれている住所が現住所でない場合も審査には通りません。提出書類は不備がないようにきちんと準備しておきましょう。必要書類は各金融機関によっていくらか違いがありますので、事前に確認してください。また、専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する場合は、本人確認書類のほかにも必要な書類があります。きちんと確認してくださいね。

 

カードローンの審査では在籍確認がありますが、申し込み書に勤務先の電話番号を間違って書いていたり、すでに退職している会社名を勤務先として書いていたりすると在籍確認が取れないので審査には落ちます。また、専業主婦がカードローンに申し込んだ場合は在籍確認はありませんが、本人確認で自宅または自分が連絡先として申告した電話番号に電話がかかってきます。もし、非通知の電話をとれないようにしている、あるいは何回かけても留守電で電話がつながらなかったりすれば、やはり審査に落ちてしまいます。ですから専業主婦の方もカードローンに申し込んだら、必ず電話に出られるようにしておいてくださいね。

 

それから、カードローンに申し込むときには、どんな人が申し込めるかということもきちんとチェックしましょう。専業主婦や学生、年金受給者が申し込めるカードローンもあれば申し込めないカードローンもあります。また、カードローンによっては一定の年収がないと申し込めないものもあります。それから、カードローンを申し込むときに一度に2社までなら大丈夫ですが、一度に3社以上申し込むと審査に通らない可能性が高くなります。また、申し込みの記録は信用情報機関に登録されるので、短期間に次々と申し込むと申し込みブラックになって審査に通りません。注意してくださいね。

 

カードローンの申し込み資格について

気がついた

カードローンは保証人も担保も不要という利用しやすいローンですね。審査も早く一度契約すれば限度額の範囲内で何回でもお金を借りれるという特徴もあります。女性や学生、ビジネスマン、定年退職した人まで幅広く利用できるカードローンですが、申し込みの前には申し込み資格について確認してくださいね。申し込み資格はカードローンによって違いがありますので、確認しないで申し込むと審査に落ちてしまいますから注意してください。

 

まず、すべてのカードローンで条件としているのは、安定継続した収入があることと20歳以上であるということです。学生ローンは18歳以上なら申し込めますが高校生は申し込めません。また、未成年者の場合は親の同意が必要です。カードローンに申し込める年齢の上限は金融機関によって異なり、60歳以下、65歳以下、70歳以下など様々です。70歳以下になっている場合は年金受給のみの方も申し込める場合が多くなっています。

 

また、自分には収入がない専業主婦でも配偶者に安定継続した収入があれば申し込めるカードローンもあります。自分に収入がない専業主婦が銀行のカードローンに申し込む場合は、本人確認書類だけで申し込めますが、消費者金融に申し込む場合は、本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。また、自分に収入がない専業主婦が借入れできる金額は配偶者の年収の3分の1までとなります。専業主婦に貸し付けをする大手消費者金融はありませんが、銀行や信用金庫のカードローンは専業主婦も申し込めるところがけっこうあります。

 

それから、カードローンの場合は、勤務形態に制限がなく、派遣や契約社員、パート、アルバイトの人でも申し込みができます。ただ、カードローンの申し込み方法によっては正社員でないと申し込めないものもあります。年収の条件が加えられているカードローンもあります。申し込みの際は、必ずホームページの申し込み条件を確認してから申し込んでください。

 

女性専用のカードローン

3人の女性

一昔前なら女性や働く主婦、専業主婦が消費者金融を利用するというのは、あまりなかったことですが、最近では女性も主婦も気軽にカードローンを利用できるようになりました。銀行カードローンなら専業主婦も気軽に低金利で借り入れができますし、消費者金融の中には女性専用のレディースローンもあります。

 

レディースローンは、スタッフもすべてあるいはほとんどが女性なので、カードローンの相談や申し込みも気軽に行うことができるようになっています。また、レディースローンでは専業主婦も申し込みができます。大手消費者金融だと安定した収入がない専業主婦は、申し込みができないので、専業主婦にも貸してくれる中小の消費者金融のレディースローンは歓迎されています。

 

レディースローンのカードローンの金利は最高金利が年率18.5%と大手消費者金融の金利と同じぐらいです。ただ、中には最高金利が年20.0%というところもあります。レディースローンの限度額は50万円までというところが多くなっています。専業主婦が借りる場合は限度額が低く設定されそれに伴い金利も高い方が適用されることが多いようです。また、仕事を持たない専業主婦が消費者金融のレディースローンのカードローンに申し込むときは、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のほかに、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。また、借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になる場合もあります。貸金業者は安定した収入がある人にお金を貸したいわけですが、専業主婦は自分に収入がないので、審査は慎重に行われ、手続きもどうしても面倒になってしまいます。

 

消費者金融のレディースローンでカードローンを利用するときは業者をよく選んでください。中にはお金に困っている専業主婦を狙った闇金もあるので十分注意してくださいね。