専業主婦 カードローン

専業主婦カードローンの審査は厳しい?

専業主婦が申し込めるカードローンは銀行にも消費者金融にもあります。ただ、本人に収入がある人に比べると無職の専業主婦に対しては審査が厳しいのではないかと思いますよね。実際にはどうでしょうか?

 

専業主婦のカードローン審査でチェックされること

仕事を持っている人の場合は、職業や職種、勤続年数、勤務形態、年収など審査されますが戦専業主婦の場合は無職ですから、その点に関する審査はありません。また、配偶者の信用情報が審査されることもありません。ただ、消費者金融から専業主婦が借りる場合は配偶者の名前や勤務先など一部の信用情報がチェックされます。さらに、専業主婦でもそうでなくても、今までの借入状況やクレジットカードやキャッシングなどの申し込みの事実、他社借り入れ件数や借入残高の総額、延滞や債務整理の有無などが審査されます。もし、延滞や債務整理の記録が信用情報機関に残っていれば借り入れはできません。これは仕事を持つ人でも同じですから、とくに専業主婦に対する審査が厳しいということはありません。

 

専業主婦に適用される限度額は低い

専業主婦に対する審査が厳しいと感じるのはもともと限度額が低く設定されているからでしょう。たいていは30万円とか50万円で、金利も最高金利が適用されます。また、消費者金融で専業主婦が借りる場合には配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。場合によっては配偶者の収入証明書も必要です。このように余分な書類の提出が必要になるという意味では、専業主婦に対する審査が厳しいと言えます。さらに、消費者金融で専業主婦にも貸し付けをするところはあまり多くありません。大手消費者金融ではほとんど貸し付けをしていません。銀行カードローンにも専業主婦に貸すところはありますが、すべての銀行ではありません。このように、借り入れ先が限定されるという現実も、専業主婦に対する審査が厳しいと感じさせる原因でしょう。でも、配偶者に安定した収入があり、自分にも事故の記録がなければ、専業主婦でも借り入れをすることは十分可能ですから安心してくださいね。

 

専業主婦カードローンの審査に落ちる傾向にある方の特徴

専業主婦も申し込めるカードローンでも申し込めば誰でも借りれるというわけではありません。審査に通らない事には融資を受けることができません。申し込んでも審査に落ちてしまう人にはいくつか特徴があります。

 

旦那に安定した収入がない

専業主婦がカードローンに申し込む場合は配偶者に安定した収入がある事が条件です。ただ、配偶者の信用情報は調べられないので金融機関は配偶者に安定した収入があるかどうかまではわかりません。それで、専業主婦に対する限度額は最高でも50万円程度とかなり低く設定されています。また、配偶者の信用情報は調べられないのですが、もし、配偶者がカードローンやクレジットカードを利用したことがあってその信用情報を金融機関がすでに入手している場合、専業主婦が申し込み書に記載した姓や電話番号が配偶者のものと一致して、配偶者の信用情報が確認される場合もあります。もし、事故情報が残っていたり返済能力がないと見された場合は、申し込んだ奥さんは残念ながら審査には通りません。また、貸金業者に専業主婦が申し込む場合は、借入額によっては配偶者の収入証明書書類が必要になり、収入が少なければ奥さんが審査に通るのは難しくなります。

 

個人信用情報機関に事故情報がある

事故情報というのは債務整理や延滞の情報のことです。債務整理をしていたり、返済が2,3か月遅れていると信用情報に「異動」と登録されて、審査には通りません。また、数日の返済の遅れでも複数回あるとやはり審査に通るのは難しくなります。申し込みの記録も信用情報に登録されるので、短期間に何回も申し込むと申し込みブラックになってやはり審査には通りません。債務整理や延滞の登録は5年間残ります。また、債務整理の中でも自己破産の記録は、全国銀行個人信用情報センターの場合10年間残ります。申し込みの記録は半年間残ります。それで審査に通るためにはこれらの記録が抹消されてから申し込む必要があります。自分の信用情報に何が登録されているか知りたい場合は、信用情報機関に問い合わせれば文書で回答してくれるので、心配な方は確認してみてください。

専業主婦でもカードローンでお金を工面できました

私は専業主婦歴2年の27歳です。

専業主婦もやっと慣れてきてやりくりも何とかうまくできるようになりました。
専業主婦になりたての頃は、ついお金を使いすぎてしまい月末に焦ることが多かったです。あるとき、本当ににっちもさっちもいかなくなり、夫にもなかなか相談しにくかったので、内緒でカードローンに申し込んでお金を借りたことがあります。私が申し込んだのは専業主婦でも借りれる銀行のカードローンでした。最初は大手の消費者金融を考えていたのですが。

経緯

大手は専業主婦には貸してくれないということで、銀行カードローンに申し込みました。銀行のカードローンは審査が厳しいと聞いていたのですが、割とあっさり審査に通って必要なお金を借りることができました。電話もかかってきましたが、詳しくいろいろ聞かれることもなかったので嫌な思いもせずにお金を借りることができました。返済額も月々3000円で、余裕があるときには少し多めに返済しています。

私はそれまでにカードローンは利用したことがなく専業主婦でも借りれるカードローンがあることすら知らなかったのですが、毎月の返済が少額で済む専業主婦向きのカードローンがあって本当に助かりました。

 

専業主婦はカードローンに申し込めないと思っている方やご主人には内緒では申し込めないと思っている方も多いみたいですが、銀行カードローンなら本人確認書類だけで申し込みができるので、家族にも内緒でお金を借りれます。

 

消費者金融も大手でなければ専業主婦にも貸してくれるところがありますが、配偶者の同意書というのが必要なので夫に内緒で借りるということができません。なので、専業主婦の方なら銀行のカードローンがいいと思います。私の知る限り、専業主婦でも借りれるカードローンは、三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行、みずほ銀行です。他にもあると思うので調べてみてください。地銀にも専業主婦でも借りれるカードローンがあると思います。限度額は30万円とか50万円とかそれほど高くないのですが、たまに家計が苦しい時に借りるだけなら十分だと思います。

公的融資も検討しよう

カードローンは、申し込みも簡単、借り入れや返済も手軽にできて、いざというときに便利なサービスです。
しかし金利が高く、支払い期間が長期化すると想像以上に多くの利息を支払うことに・・。

例えば、年利15%で50万円を借りて毎月2万円返済していくと、返し終わるまでに31ヶ月かかり、支払う利息は10万円以上です。

 

公的融資をご存知ですか?

相談

カードローンを申し込む前にぜひ検討したいのが公的融資です。
自治体で生活資金などを貸してくれる制度です。

例えば、東京都では、中小企業で働く人を対象に生活資金を低金利で貸している「さわやか」という制度があります。
70万円までを年利1.8%(※)で借りられます。
※平成26年12月〜平成27年3月までは東京都特別対策期間中のため別途確認ください

50万円を借りた先ほどのカードローンのケースと比較すると、支払う利息は約9万円も変わってきます。

 

お住まいの自治体に聞いてみて

 

公的融資はさまざまな自治体で実施しています。
カードローンと比べて手続きに時間がかかったり、必要書類が多かったりと手間はありますが、お金に困っているときだからこそ低金利は見逃せません。

 

カードローンの申し込みをする前に、お住まいの自治体に確認してみると良いでしょう。

更新履歴